このページの先頭

HARVARD SQUARE REVIEW + hitomedia™





五嶋 龍

Ryuのハーバード散歩



大学2年生を目前にして

生まれて初めてと言っていいほど日本に長期滞在した今年の夏は、大学生になっ
て初めての夏でもあり、NYで生まれ育った日本人の母国への愛着を、現実の中
で形付けられた日々であったと振り返る今日この頃である。またこの時期は世界
大戦の終結の時期でもあり、アメリカではほとんど観ることのなかった、日本人
の制作したフィルムにしばしば出会い、大きなうねりが国の政策面でも現れた参
議院選挙を体験した貴重な夏であった。私はまだまだ未熟だ。アメリカでは選挙
権の与えられる、いやそれを義務とされる齢であるにも関わらず。

8月の中旬は盂蘭盆と言う慣習があり、先祖が家族のところに帰ってくる、一年
に一度の仏教的行事である。これも日本独特、(仏教徒には珍しい行事ではな
い)でアメリカではなかなか見られないことであった。偶然8月に入ってまもな
く、ハーバードの日本人の歴史をインターネットで読み、現在が過去の遺産であ
ることを感じた私は、日本人一般がごく自然に先祖を敬う姿が誇らしくさえ見え
た。しかしながら、いったい日本と言う国は世界のいずこに属するのであろう
か。私たちの世代が何のために学びそれを実行すべきか。日本人であることの誇
りを人一倍持っていると自負する私は、上記のごく一角の日本のポピュラーな事
柄でさえ知らなかったことに驚き、多分、世界最高学府と評価されるハーバード
大学に籍を置く、我らの母国を知らぬ日本の学生たちが、「何のために学ぶか」
「学ぶ目的とは何か」と言う基礎的な答えをじっくりと考えることを提唱せずに
はおれなくなった。勿論、私自身がまずは見つけるべき課題ではあるが。

話は前後するが7月の初旬に武道館で演奏する機会があった。入り口を入ったと
ころの、現在までの武道功労者の名がプレートに記されてあった。祖父の名が
あった。このときの感慨を私は一生忘れることはないであろうと言うのは決して
過言ではない。私たちは人生の後輩にこの感慨を持ってもらうために学ぶ、使命
があるのではなかろうか。私たちが何かを世界に残すとき、そして後年それを見
た日本人の幾ばくかの人々が、言いようのない血の騒ぎを覚え、日本人としての
誇りのようなものを感じれば、私の学ぶ目的が達成されたと言えるかも知れな
い。五嶋龍

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク del.icio.usブックマーク Livedoorクリップ Buzzurlブックマーク Bloglines Choixブックマーク

コメント

コメント646. 熊谷ハイジMAILURL|2011/04/27 16:21

子どもがヨハネに高校から通うので、偶然見つけました。
おかあさまのおはなしを仙台できかせていただきました。

私の印象はJRのCMと、スタジオパークからこんにちはの印象があります。  おばあさまからの風邪薬を紹介されていて、暖かいなぁと思いました。

ハーバードブログ、更新がたのしみです。

コメント625. sophie|MAIL|2009/10/21 04:15

ジャズ ヴァイオリンが好きで、始めて間もないのですが、
仕事との両立は難しいですね><

働きすぎると、感性が麻痺して楽器を触るのに抵抗がおきたりしますね。

学業と演奏の両立、すごい。。!
私も頑張ってもっとうまくなりたいです。

コメント620. Bing's wife|2009/03/17 10:59

龍さんのバイオリンを耳にして、その魅力に圧倒されてしまいました。
天は二物を与えず・・・・なんて龍さんを見ていると嘘だ!と思ってしまうのは、私だけではないと思います。

幼いころから天才バイオリニスト五嶋みどりさんの弟という立場で、メディアから見られ、ご自身も成長されて素敵なバイオリニストになられ、しかもハーバードで勉強されているなんて、あまりにも素敵すぎます。さらに空手もやっているなんて・・・。一流になった人は、何にチャレンジしてもすぐにその頭角を現す・・・とはわが夫の弁です。

一流になるためには、才能と努力以外になく、どんな天才もその努力なくして一流には到達せず、またどんなに努力しても才能がなければ、一流にはなれない。才能と努力。どちらもお持ちで、しかもそれがバイオリンのみならず、頭脳そして体までも・・・。どこまでも完成人間に近づかんとされていらっしゃる龍さんをこれからも応援していきたいと思ってます。我が息子も、少しでも龍さんのようになってくれたら・・・と思う母です。

コメント599. hisako satou|MAIL|2008/08/21 00:40

この記事を偶然見つけました。ほぼ一年後になってしまいましたが、今年はもっと長い日本滞在となったのではないでしょうか。日本のお盆のすごし方や迎え方はその地方や家や仏教宗派によってもさまざまです。研究課題としても興味深いものになると思います。悲しいことに先週仲良しのいとこが肺がんのため亡くなった事を知りました。彼女も龍さんの演奏が好きで、昨年9月の東京公演には一緒に行きました。また行こうね、と約束したことが昨日のように思い出されます。自分が生きていることが不思議な気さえします。もうすぐ川口、川崎公演ですね。私は幸運にも聴きに行くことができます。

コメント594. <a href=URL|2008/07/19 14:56

こんにちは!!

勝手なコメントですいません。


いきなりですが、五嶋龍さんのこと知ってます!!
五嶋みどりさんの弟さんですよね?!


自分今年の3月に高校卒業した者なんですけど、自分も幼稚園の年中からバイオリンを中2までやっていて、テレビとかで小さい頃から研究のために見ていた覚えがあります。

今は自分も海外留学目指して勉強がんばっています。

五嶋龍さんがハーバード大学に進学していたなんて、全く思ってもみませんでした!!

相当努力なされたんですね!!!

尊敬です。
自分ももっとがんばろうと思います。今はTOEFLとSATをやらなきゃ。

こんなところで会えるなんて思ってもみなかったです。
頑張ってください!!

この記事へのコメントをすべて見る

コメントの投稿

コメント投稿フォーム

トラックバック

この記事に対するトラックバックURL:
http://mt.hsr.hitomedia.jp/mt-tb.cgi/7

プロフィール

ハーバードブロガー:五嶋 龍
五嶋 龍
1988年、ニューヨーク生まれ。普段はいたって共通語だが、祖母と話すときだけ関西弁になる。3歳からヴァイオリン、7歳からは祖父の影響で空手をはじめ二段を取得。高校時代に物理に目覚め、さらに追求するためハーバードへ。演奏活動と勉強を両立しながら学生生活を楽しんでいる。現在ハーバード大学2年生。最近筋トレに励み、肉体改造中。音楽はクラシックからロック、ジャズ、ヒップホップまでジャンルにこだわらずになんでも聴く。

ハーバードブロガー


月別アーカイブ


カテゴリー


外部ブロガー

RSS