このページの先頭

HARVARD SQUARE REVIEW + hitomedia™





北川拓也

灘高校からハーバード(学部)に入った北川



北朝鮮のミサイル七発

 さすがにこのトピックは皆さんに考えてもらいたい、という意味で、書いておきます。日本国民として、僕らはどういう覚悟で北朝鮮と外交していかなければならないのか。

 僕の考えるところでは、米国はそう簡単には動いてくれません。ベトナム戦争という失敗もありました。自国の損失が確実なところではこの国は動きません。それを北朝鮮が認知しているとすれば、北朝鮮は自衛隊しか持たない日本国を「なめている」形になります。

 本当に良く考えてもらいたいのが、例えば北朝鮮がテポドンを日本国土に50発ぐらい打ち込み、戦争宣言したとしても、日本国には宣戦布告し、戦争を始めることはできません(憲法による)。この状態にあり、自国を守る(または守るために必要な威嚇のための)軍事力が日本国に存在しなくていいのか、ということを日本国民は真剣に考える必要があります。北朝鮮があのような態度、行動をとっている限り、なんらかの形で日本国民、国土に被害がでるのは遠い話ではないかもしれません。

 こういうことは友達となんらかの形で話してみるのが一番いいでしょうね。

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク del.icio.usブックマーク Livedoorクリップ Buzzurlブックマーク Bloglines Choixブックマーク

コメント

コメント474. 匿名|2006/10/29 17:42

はじめまして。かなり遅いレスですが国際社会での発言力、米国からの独立を考えるなら軍事力は必須だと思います。

但し、その際本格的に軍事力を持つプロセスは慎重に行われる必要があります。間違いなく反発もあるでしょうし。

そういう意味では今回のような事態が起こらない限り軍隊などを持つのに適した理由はそう簡単には作れないと思います。
将来のことを考えると今!と言いたいところですが、、、その維持能力、管理能力などが現在の日本にあるのかが心配です。
(またその軍隊に本当に防衛力、軍事抑止力があるのかも含めて)

実績が無い分、たとえ憲法を変えたところで他国(日本の軍事力を持つことに反対する国々)は日本の軍隊が出来たことを外交上のカードにできますが日本側のカードとして果たして使えるものになるかは疑問です。

国際社会で米国離れが進んでる今、日本がどう舵を取るのかは難しいところだと思います。

北朝鮮に関して言えば、あれだけリスクの高いカードをきってきたということは何かしらそうせねばならない事情があることは確かだと思います。ある程度北朝鮮の逃げ道を作ってやらないと何かあったときには韓国か日本が標的になるような気はします・・・。(より日本のほうが確率が高いですが・・・但し政治的に考えると攻撃してくるということは考えにくいですが。)
相手の要求がある程度わかっても追い詰められたときどうでるかはわからないだけにこの外交は難しいですね・・・。

コメント473. ゆき|2006/10/04 02:12

なんか、せっかくいいテーマを出されたのに、それに直接答えていない人が多いと言う印象です。議論がかみ合いませんね。

私は憲法を改正しないといけないと考えます。

コメント472. MIT物理の大学院生|2006/08/22 14:38

北朝鮮の軍事力は日米同盟の軍事力に比べれば大人と子供みたいなもの。50発打ち込まれることなどまずありえない。たとえもし、打ち込まれたとしても一発打ち込まれた時点で日本人の平和ボケのケツに火がつき、一気に憲法改正の動きが出てきて第9条が改正され、北朝鮮を侵攻し、戦争終了。ってなことには恐らくならないと思うが。まあどちらにしても北朝鮮は日本の相手にはならない。むしろそのバックにいる中国が恐ろしい。

世の中には外交だけでは解決できない問題があるから、軍事力は必要。特に領土問題。過去に領土問題が軍事力以外の方法で解決した例は無い。世界の平和は軍事力バランスの上で成り立っているから、日本が将来、世界一の大国になりたいなら核兵器も含めてそれ相応の軍事力は必要。軍事力をカードに持たない外交はちゃんちゃらおかしい。2位以下でいいなら今のままでいいかも。今はアメリカが最強だから世界が平和。そのうちアメリカ軍事力に匹敵する国が出てきたら恐らく世界はまた危なくなるだろうね。

コメント471. 匿名|2006/08/04 14:54

>自衛隊の持っている装備は世界でも有数の規模で、十分に軍事力と呼べるほどの力を持っています。

これこれ、よく言う人いますよね
自衛隊の持っている装備は、実戦に使用したことのない国産品とアメリカの劣化バージョンです。
値段がとても高くつくため、単純に軍事費うんぬんで
軍事力の差はうめれません。
日本の防衛予算の大半は食費、人件費、設備維持も高いため、満足に練習してません。
まともな軍事作戦をたてたことがないし、そもそも
昔、首都防衛構想?をたてたら、立派な政治家にクーデーター計画とみなされ、解任されたため、何もできないですよ。

地雷がなくなった今、北朝鮮の上陸を防ぐことができませんし
自慢のぴかぴかの戦車は北海道と富士山にしか配備してません。日本のどこでどでかい戦車が町の中を通れますか?

海から防げ?
それができたら不審船を入れさせないことができたし
海で遭難した人もらくらく救助できるかと。

そして、日本国内に、どれだけあの将軍様を崇拝する
人々がいるのでしょうかね

よって、侵攻された場合、閣議決定をのろのろ行っている
あいだに日本はおわります。

コメント470. M|2006/07/22 09:24

まず、日本人は北朝鮮がどうしてそのような行動に出るか??を考える必要があるのではないでしょうか?どうして、北朝鮮の最大敵国の一つが日本であるか。今の日本では、戦後から60年以上もたち、戦争の悲惨さがどのようなものであったか、どのくらいの尊い命が政府によって失われたかを忘れてしまったかのようです。

この記事へのコメントをすべて見る

コメントの投稿

コメント投稿フォーム

トラックバック

この記事に対するトラックバックURL:
http://mt.hsr.hitomedia.jp/mt-tb.cgi/144

プロフィール

ハーバードブロガー:北川拓也
北川拓也
拓也がどうやってハーバードに入ったのか、そこにはコツがあったのか、そしてハーバードの生活とはどんなものなのか、などに焦点をあててブログを書きました。ハーバードに入るということはどういうことなのか、という精神的な面に重点を置きました。興味のある高校生はぜひとも読んでください!現在、僕は理論物理学者として勉強中。

ハーバードブロガー


月別アーカイブ


カテゴリー


外部ブロガー

RSS