このページの先頭

HARVARD SQUARE REVIEW + hitomedia™





北川拓也

灘高校からハーバード(学部)に入った北川



夏の終わり

 こんにちは!前にアルクでブログを書いていた野口君たちとサッカーをしてやや疲れ気味の北川です。ヨハネ研究の森の皆さんお疲れさんです。

 夏の間あまり更新していませんでしたが、その間に4-manifold, 3-manifold theory,を勉強し、"hopf fibration and its utility in quantum information," "Topological defect in spin-1/2 BEC"などのプレゼンをしていました。理論物理の研究というものがどういうものか、というのを少し、身をもって知ることができ、自分が本当に理論研究をしたいのか、というのが少し分かった気がします。
 
 やはり物理の理論研究というのは科学の最先端の研究です。もちろん科学の研究はどれも最先端の研究であるわけですが、理論の場合、誰も答えを知らない中で自分のオリジナリティと論理力だけを頼りに答えを導き出す、という極めてシビアな研究なわけです。特に過去の偉人たちがなしとげた偉業の上で自分が研究を進めていかなければならないのだ、と考えると、なかなか一筋縄ではいかないものです。

 物理の研究がどういうものなのか、というのを知らない人が多いと思うので、僕がこの夏に学んだことを少し書きたいと思います。僕が自分で体験し、思ったことでしかないので、もっとプロフェッショナルの理論物理学者からみれば、そうじゃない、と思うことも多いと思いますが、その場合は指摘していただければうれしく思います。

 まず僕のような青二才は研究したい、面白そう!と思ったトピック周辺の教科書を読みはじめます。教科書を理解し、ある程度自分で式を導出できるぐらいになれば、次に教科書では書いていないけれども、教科書からcitationが書いてある論文なり別の教科書を読みます。そのような形でcitationを次から次へとおっていくうちに、その分野の雰囲気が見えてきます。その中で、一度教科書なり論文なりを閉じ、ゆっくり物語的に自分の中でトピックについて学んだことを洗ってみます。そうするうちにだんだん面白い方向性というのが見えてきます。(というより見えるまで探します) このあたりで大体一ヶ月ぐらい。さらにその面白そうな方向性で文献がないか、検索をかけ、論文を読んでいきます。このあたりで、自分の知っていることを白紙から書き出していくのがいいみたいです。自分で全て必要な式を導出したり、その式の中にある各項を(物理の数量として)しっかり理解できてるか確認するのが大事なんですね。それができれば、次、面白いことを見つけた時、自分でその問題を解くことができます。

 僕の教授も何度もいっていたんですが、大切なのはこの中で兎に角自分が面白いと思うことをやることです。理論物理というのは勉強し始めは兎に角結果が出せません。特に僕のような青二才には何か新しいことをするなんてのはまず無理です。その中でいかに自分のモチベーションを上げて勉強し続けるか。それはやっぱり自分が面白いと思うことをやるしかないんですね。

 ということで毎日自分が面白いと思うことしかやってません。最高の毎日です。誰かに幸せを分けてあげたいです。ではみなさんも頑張ってください。

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク del.icio.usブックマーク Livedoorクリップ Buzzurlブックマーク Bloglines Choixブックマーク

コメント

コメント477. たっくん|2006/10/23 04:39

お互い頑張っていきましょう!突っ走ったらいつ立ち止まればいいのか、という問題など、色々考えるべきことは沢山あります。よく学び、よく立ち止まり、よく考える。こうやって学んで生きたいと思っています。

コメント476. sera|MAIL|2006/10/06 10:54

私も物理化学の分野に興味があるので、物理の論文や理論を面白いと思う気持ちや結果がなかなか出ずモチーベーションをいかに保つのが大切かという気持ちに共感できます!(私はまだまだかじり始めですが・・・(^_^;))
興味が底を尽くまでとにかく突っ走って、どんどん勉強していきたいですね♪

この記事へのコメントをすべて見る

コメントの投稿

コメント投稿フォーム

トラックバック

この記事に対するトラックバックURL:
http://mt.hsr.hitomedia.jp/mt-tb.cgi/146

プロフィール

ハーバードブロガー:北川拓也
北川拓也
拓也がどうやってハーバードに入ったのか、そこにはコツがあったのか、そしてハーバードの生活とはどんなものなのか、などに焦点をあててブログを書きました。ハーバードに入るということはどういうことなのか、という精神的な面に重点を置きました。興味のある高校生はぜひとも読んでください!現在、僕は理論物理学者として勉強中。

ハーバードブロガー


月別アーカイブ


カテゴリー


外部ブロガー

RSS