このページの先頭

HARVARD SQUARE REVIEW + hitomedia™





北川拓也

灘高校からハーバード(学部)に入った北川



コラボクリニック

コラボクリニックというアクセスしやすい、完全に新しいアイディアの病院を城口という灘の後輩が立ち上げました。もちろんあらゆる方の手伝いがあってのものです。僕は夏に帰るたびにそばで見させていただき、時に少しばかり手伝わせていただきました。ほんとにコンセプトも実行力も素晴らしいものなので、是非ともみなさん、注目してください。詳しくは以下のブログなどを参照にしてみてください。
コラボクリニックについてのblog

ほんとにすごいね。できちゃったね。僕はこれからも研究で突っ走りますが、こういうことができる人は普通に尊敬します。

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク del.icio.usブックマーク Livedoorクリップ Buzzurlブックマーク Bloglines Choixブックマーク

コメント

コメント496. たっくん|2007/05/01 00:27

質問に答えさせていただきます。

日本人のハーバード入学は実は女のこの方が多いです笑 女のこの方がまじめで、しっかりと成績を取ったりする人が多いのでしょうか?別に男のこの方が入りやすいというわけではないです。

日本人といっても色々なタイプの人がいます。おそらく日本国籍を持った日本人は毎年10人ほど合格していますが、そのうち8人ほどはアメリカ育ち(早くて3歳ころから、遅くても中学生のときからアメリカに来た人たち)で、残りの二人のうち、一人は大体international schoolにいっていたハーフの子供、そして毎年一人いるかいないか、というのが僕のようなケースです。僕の知っている限りでは麻布から二人、大阪の高校から中国人でもあるbillが一人、そして灘から僕が一人合格しています。韓国人、中国人に比べて圧倒的に少ないです。とはいえ中国の本土から来た、international studentというのは毎年5人~10人程度だと思います。どの人種にしてもアメリカに住んでいる人が圧倒的に多いわけです。

コメント495. ぽぽぽ|2007/04/29 02:08

初めまして.ぽぽぽです。
このごろ更新がなくて寂しいです。学校はやっぱり大変ですか?

そんな中ですが、質問させてください。
Harvard College には毎年日本人は何人くらい受かるものなんですか?

中国では数百人、韓国でも数十人と聞きます。
日本も数十人、そこまで行かなくても十数人は合格しているのでしょうか?

夏休みまであと少しですね。
頑張ってください!

コメント494. 匿名|2007/04/14 04:43

留学を考えている高2の女子です。
ブログを読んでちょっと気になったことがあります。
日本の一般高校からハーバード大学などの名門校に入学できたケースは男子ばかりのようですが、女子がそういう学校に入れたケースはあるのですか。
男子校の方が優秀な高校が多いし、やっぱり女子には不利なのでしょうか。。。

コメント493. ハルカURL|2007/03/15 15:44

とても見ごたえがあって楽しいブログですね♪
ところでデコワールドっていう外国語のデコメールサイトをご存知ですか?
私も以前、海外留学していて外国語にとても興味があるので、試しにみてみたら、カワイイ英語や韓国語のデコメがたくさんありました★
オススメですよ☆彡 http://decoworld.jp

コメント492. きぐち|2007/01/31 03:03

僕もはじめちゃいました~
http://juken.alc.co.jp/kiguchi/

この記事へのコメントをすべて見る

コメントの投稿

コメント投稿フォーム

トラックバック

トラックバック31. Web23|2007/02/13 11:24
コラボクリニック
先日のDoc-in-a-boxという廃棄されたコンテナを利用したコンビニクリニッ

この記事へのトラックバックをすべて見る

この記事に対するトラックバックURL:
http://mt.hsr.hitomedia.jp/mt-tb.cgi/151

プロフィール

ハーバードブロガー:北川拓也
北川拓也
拓也がどうやってハーバードに入ったのか、そこにはコツがあったのか、そしてハーバードの生活とはどんなものなのか、などに焦点をあててブログを書きました。ハーバードに入るということはどういうことなのか、という精神的な面に重点を置きました。興味のある高校生はぜひとも読んでください!現在、僕は理論物理学者として勉強中。

ハーバードブロガー


月別アーカイブ


カテゴリー


外部ブロガー

RSS