このページの先頭

HARVARD SQUARE REVIEW + hitomedia™





北川拓也

灘高校からハーバード(学部)に入った北川



次世代アジア国際交流会

次アジアの発展①

 ㊦S君が製作した次アジアのロゴ。才能あふれています。次が人の形に見えて、ミラーイメージで、人と人とがつながっていくイメージを出しています。こうやって中国をはじめとするアジアの国々やハーバードとつながっていこうと思います。 前にも紹介で書きましたが、僕は今年...

[続きを読む]

次アジアについて

 ㊦ハーバードで一番でかい図書館、Widener Library.普段はハーバードの旗はかかっていません。めちゃめちゃ中は綺麗です。ハーバードの本の蔵書数は全米で二位だとか。    次世代アジア国際交流会(次アジア)の活動は基本的にはHCAPと似ることになりま...

[続きを読む]

友達が来てます(HCAPについて)

 学校が始まる直前ですが、今日は友達が来てます。実はその友達の一人は東大生の次世代アジア国際交流会(略して次アジア)のディレクターで、HCAP(Harvard College in Asia Project)というハーバードのプロジェクトの東京大学支部を運営し...

[続きを読む]


プロフィール

ハーバードブロガー:北川拓也
北川拓也
拓也がどうやってハーバードに入ったのか、そこにはコツがあったのか、そしてハーバードの生活とはどんなものなのか、などに焦点をあててブログを書きました。ハーバードに入るということはどういうことなのか、という精神的な面に重点を置きました。興味のある高校生はぜひとも読んでください!現在、僕は理論物理学者として勉強中。

ハーバードブロガー


月別アーカイブ


カテゴリー


外部ブロガー

RSS