このページの先頭

HARVARD SQUARE REVIEW + hitomedia™





News

ハーバードおもしろニュース紹介



ビジネススクール、大学生に門戸を開く

平均年齢26-27歳といわれるHarvard Business School(HBS)が、大学生に対して門戸を開くことになりました。その名も、「2+2Program」。


2009年に4年生大学卒業予定者を対象に2008年度から願書受付が開始されます。
この2+2プログラムは,大学3年次に出願,4年次までには合否が決まります。
その後,HBSのサポートのもと2年間の実務経験を積み,その後2年間HBS
でClassをとるという4年制のカリキュラムです。


2年間のClass在籍時はもちろん,大学4年,実務経験期間中もHBSのSummer
Program,Career Coachによる相談等をうけることができLeadership教育を学べます。


定員はまだ確定はされていないようですが90名程度とのこと。現在のHBSの
日本人比率から算定すると,日本人枠は1名程度でしょうか。


Applicationに必要な項目は基本的にはHBSと同様です。
変わるのは大学のGradeが3年次まででいいことくらいでしょう。あとは,GMAT,
TOEFL,ESSAY,RESUME,RECOMMENDATIONSとなっております。


詳しくはHBS2+2ProgramのWEB Pageをご覧ください。

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク del.icio.usブックマーク Livedoorクリップ Buzzurlブックマーク Bloglines Choixブックマーク

コメント

コメント590. Saito|MAIL|2008/05/19 02:29

こんにちは、初めまして。現在慶應大学3年の斎藤と申します。
HBSの情報を探していたところこちらのブログにたどり着きました。
さまざまな勉強をされている皆さんの記事に知的な刺激をもらいました。とても面白い記事を詠ませて頂きました。ありがとうございます。

今回の「ビジネススクール、大学生に門戸を開く」について質問です。
「2009年に4年生大学卒業予定者を対象に2008年度から願書受付が開始されます。
この2+2プログラムは,大学3年次に出願,4年次までには合否が決まります。
」とありますが、この卒業年や学年はアメリカの学期制に合わせたものですか?

webpageを見ると、”you must be a current college junior with at least one remaining semester, after July 2008, necessary for the completion of your degree.” とあるのですが、これを日本の学生に適用した場合について少し混乱しています。

つまり2009年9月にHBSに入学するまでに、4年制大学の学位を取得(卒業)している必要があるので、日本では大学4年次に願書を提出することになる、と解釈したんですが合っていますでしょうか?
教えていただけると嬉しいです。


コメント589. Saito|MAIL|2008/05/19 02:28

こんにちは、初めまして。現在慶應大学3年の斎藤と申します。
HBSの情報を探していたところこちらのブログにたどり着きました。
さまざまな勉強をされている皆さんの記事に知的な刺激をもらいました。とても面白い記事を詠ませて頂きました。ありがとうございます。

今回の「ビジネススクール、大学生に門戸を開く」について質問です。
「2009年に4年生大学卒業予定者を対象に2008年度から願書受付が開始されます。
この2+2プログラムは,大学3年次に出願,4年次までには合否が決まります。
」とありますが、この卒業年や学年はアメリカの学期制に合わせたものですか?

webpageを見ると、”you must be a current college junior with at least one remaining semester, after July 2008, necessary for the completion of your degree.” とあるのですが、これを日本の学生に適用した場合について少し混乱しています。

つまり2009年9月にHBSに入学するまでに、4年制大学の学位を取得(卒業)している必要があるので、日本では大学4年次に願書を提出することになる、と解釈したんですが合っていますでしょうか?
教えていただけると嬉しいです。

この記事へのコメントをすべて見る

コメントの投稿

コメント投稿フォーム

トラックバック

この記事に対するトラックバックURL:
http://mt.hsr.hitomedia.jp/mt-tb.cgi/224