このページの先頭

HARVARD SQUARE REVIEW + hitomedia™





齋藤 宏一(さいとう こういち)

「Harvard Law School留学記」


Corporations A3

秋学期に私が履修することとした2つ目のコースは、Corporations A3です。 Corporationsは履修する学生が多いため、複数のコースが用意されています。秋学期にはCorporations A1、Corporations A2、Corporati...

[続きを読む]

Law and Finance

これから数回のエントリーでは、秋学期にとったクラスについて書きたいと思います。 まずはProfessor Bebchukによる、Law and Financeです。といっても、何をやるクラスなのかさっぱりイメージできないかもしれません。 Law and Fin...

[続きを読む]

コース選択(Enrollment)その2

ビッドの結果が通知されました。 結果は、 第1希望(Corporate Governance Reading Group 秋学期):履修可能 第2希望(Corporations A3 秋学期):履修可能 第3希望(Law and Finance 秋学期):Wa...

[続きを読む]

コース選択(Enrollment)

さて、オリエンテーション終わると、いよいよ本格的なクラスのスタートとなります。 その前に、数多くのコースの中から、自分がとるべきコースを選択しなければなりません。 クラス選択は事前の登録制になっています。LL.M.では、最低単位取得数として、22のcredit...

[続きを読む]

オリエンテーション

もうだいぶ前のことになってしまいますが、クラスが始まる前の2週間くらいの間、LL.M.の学生向けにオリエンテーションがありました。 オリエンテーションは、米国で法律を学んだことのない人がほとんどのLL.M.向けのアメリカ法入門と学校のアドミニ的な説明から構成さ...

[続きを読む]

HLSの規模と多様性

HLSが売りのひとつにしているものの一つとして、全米最大級の規模と多様性が挙げられます。 コースの数だけでも400以上のコースがあります。 内容につきましては、下記のリンクをご参照ください。 http://www.law.harvard.edu/academi...

[続きを読む]

HLSのカリキュラム

HLSには、大きく分けて3つのカリキュラムがあります。 ひとつがJ.D.という3年間のコースで、法律を初めて学ぶ学生のためのコースです。日本の大学と異なり、米国では法律は学部レベル(Undergraduate)では勉強せず、4年間のUndergraduateで...

[続きを読む]

所属コース(LL.M.)

まずは私が所属しているコースの紹介です。 私は、現在、Harvard Law School(以下、「HLS」と略します。)のLL.M.(Master of Law、日本でいう法学修士)のコースに所属しております。期間は今年の9月から来年の6月はじめまでの9か月...

[続きを読む]

はじめまして

はじめまして、今回このブログのメンバーに加えさせていただくことになりました。 よろしくお願いします。 ブログを書くのは初めてで、あまりよく分かっていないことも多く、読みにくいブログになってしまうかもしれませんが、何卒ご容赦ください。 ...

[続きを読む]


プロフィール

ハーバードブロガー:齋藤 宏一
齋藤宏一(さいとう こういち)
Harvard Law SchoolにてLL.M.(Master of Law)を専攻。法学部を卒業後、都内の法律事務所に在籍し、現在に至る。 専門分野は、Corporate Law(会社法)、Securities Regulation(証券取引法)、M&Aなど。

ハーバードブロガー


月別アーカイブ


カテゴリー


外部ブロガー

RSS