このページの先頭

HARVARD SQUARE REVIEW + hitomedia™





橋本 龍範(はしもと たつのり)

「電脳から見るハーバードおもしろニュース」



最近読んでみた

最近新田次郎の孤高の人を読んでみた。元はといえば日本語学校の先生に「新田次郎のアラスカ記を読んでこい」といわれたのがもとでハーバードYenchingアジア図書館で新田次郎の本を借りてきたのが元。(アラスカのは無かったから面白そうな孤高の人にした)初めはは登山の話と知ってずれか?!と思ったがどこか主人公の加藤に引き込まれてしまった。印象的だったのは加藤の同期が彼を無理やり忘年会に連れて行くシーン。加藤曰く皆孤独を忘れるため群れになっている。これはなんとなく分かる気がする、どれほど人を知っても完全に通じ合えないからどうしても孤独に感じてしまう。どちらかというとマルクスの「人の最小ユニットは2だ」の否定なのだろう、人は一人ではいられないのではなくて一人で居たくない、二人の「ユニット」をつくりたがる。
ハーバードはどうだろう?ハーバードでは当然グループをつくり、孤独をしのごうとする、しかしハーバードに来る人は他の天才を知るためにきている。この点では彼らは他人を友ではなく資源として考えているのではないか?

吉村昭の戦艦武蔵も読んでみたこれはエンジニアーとして面白いと思った、さすが軍艦と思うスケールの違いがあった、山を切り開き、二年単位の技師訓練を施し、戦艦だけのためのドックを作るなどなどエンジニアーの大戦があったように見えた。 まあこれは娯楽のような本だからコメントなし。

次のサイクルは十月十二日にまた三冊ほど借りるつもり、いいと思う本を推薦してください

(trans. eng)
I recently read a book by Nitta Jirou called "Kokou no Hito" (trans note. means the Solitary man) Originally I wanted to read the book because my japanese teacher had told me to read something by that author. I went to Yenching and found this book (the title seemed the most interesting), I thought, crap, its about mountaineering. but the main character was engaging. Mostly the book focused on solitude in climbing mountains but there was one interesting part. Kato (main character) notes that all the parties and such we go to are to relieve our sense of loneliness. I understand this to mean that since we can't ever understand each other completely there's no way to relieve solitude. Marx noted that the smallest social unit of people was 2, but I think this was a convincing response to that. The distinction is that we arn't always 2 people, we /want/ to be a unit of 2 people to get away from being alone.
What about harvard? I guess applying this to harvard, isn't it true that here people come to "meet others" not in the sense of attempting to understand the other, but rather get to know them as a resource?

I also read Yoshimoto akira's Senkan Musashi (Battleship musashi), the engineer in me found this extremely interesting. It showed world war two in the eyes of the largest battleship made, with engineering feats which boggled my mind, like cutting down mountains to create drydocks and such. Of course this was light reading, so no commentary.

My next book cycle is oct 12th or so, so I'll take any reccomendations.

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク del.icio.usブックマーク Livedoorクリップ Buzzurlブックマーク Bloglines Choixブックマーク

コメントの投稿

コメント投稿フォーム

トラックバック

この記事に対するトラックバックURL:
http://mt.hsr.hitomedia.jp/mt-tb.cgi/2

プロフィール

ハーバードブロガー:橋本 龍範(はしもと たつのり)
橋本龍範(はしもと たつのり)
1989年、ペンシルバニア生まれ。3歳から9歳まで日本のつくばで育つ。9歳から10歳の間東大阪に行き、11歳のころ渡米。公立の中学を出て、私立の高校へ行く。数学と電子工学を生かして研究などをし、ハーバードへ入学。現在ハーバード一年目。好きなコンピューター工学と脳医学を専攻するつもり。

ハーバードブロガー


月別アーカイブ


カテゴリー


外部ブロガー

RSS