このページの先頭

HARVARD SQUARE REVIEW + hitomedia™







卒業

無事に卒業式も終え、後は日本に帰国するばかりとなりました。

留学した多くの先輩たちが口を揃えて「人生最高の2年間だった」と表現するように(これで人生がピークアウトしてしまっても困りますが・・)、確かにこれだけ楽しく、充実した2年間はなかったように思います。

今まで考えたこともないような価値観に出会うことで「人間とはどんなものか」についてさらに理解が深まったと実感しています。特に無駄に明るく前向きなアメリカで過ごす中で、人間に対して非常に楽観的な見方ができるようになりました。自分も含めてどんな国籍の人であれ皆汚い部分があります。しかし同時に、(小学生のような表現になってしまいますが)やっぱり(国籍・人種にかかわらず)人間ってのは素晴らしいもんだと感じさせられる局面が実に多い2年間でした。

このような貴重な時間を与えてくださったすべての方に感謝申し上げるとともに、今後はしっかり恩返しできるよう精進したいと思います。


若干肌寒いなか(その数日後に35度近くになったボストンの気候のひどさと言ったら・・)行われた卒業式で一番印象的だったのは、卒業生全員の名前が呼ばれ、壇上に上がるケネディスクールの証書授与式でした。一人一人名前が呼ばれるので、聴衆の反応もまちまちです。仲間からの大きな拍手や叫び声でやたらと盛り上がる卒業生からお通夜のように静かな人まで。

単に成績が良いだけでも、逆にパーティに行きまくっているだけでも、あるいは生徒会などの重要な役職についているだけでも「おお、あいつか!俺まで嬉しくなっちまうわ!」と多くの人がついつい拍手してしまうような人になれるわけではない。

ここケネディスクールで一緒に学んできた「Class of 2008」というコミュニティの一員として求められる人格や価値観、それに行動様式を最後に注意深く観察できたことは、今後の人生を考える上で大きな学びとなりました。一人一人が壇上を通過したのは実に短い時間でしたが、各人のケネディスクールでの2年間(あるいは1年間)の軌跡が色々な意味で伝わってくる一幕でした。

はてなブックマーク Yahoo!ブックマーク del.icio.usブックマーク Livedoorクリップ Buzzurlブックマーク Bloglines Choixブックマーク

コメント

コメント783. DonaldMAILURL|2017/01/19 07:22

I think this is a real great blog post.Much thanks again.

コメント777. onlineMAILURL|2017/01/17 23:02

I No prescription trying to term which is different valid for rush or specification.

この記事へのコメントをすべて見る

コメントの投稿

コメント投稿フォーム

トラックバック

この記事に対するトラックバックURL:
http://mt.hsr.hitomedia.jp/mt-tb.cgi/283

プロフィール

山崎 貴弘
山崎貴弘(やまさき たかひろ)
MPI(Management Policy Institute)フェロー。2002年京都大学法学部卒業。現在、ハーバード大学Kennedy School of Government、MPP(Master in Public Policy)プログラム在籍中。Ezra Vogel教授の元で開催されるハーバード松下村塾幹事(2007年度)。
MPI:http://www.mpi-net.org/

ハーバードブロガー


月別アーカイブ


カテゴリー


外部ブロガー

RSS