このページの先頭

HARVARD SQUARE REVIEW + hitomedia™





石川 善樹(いしかわ よしき)

「ハーバードから見える景色~Standing on the shoulders of giants~」



2007年10月

授業を受けて大混乱。

何事においても、科学的な人と、芸術的な人がいる。 科学的な人は、疑うことを旨とし、 芸術的な人は、信じることを旨とする。 この両者のマインドの違いは、 例えば日々の授業の場面でよく表れる。 ***引用:ココから*** 「何を勉強しているのかサッパリわからない。...

[続きを読む]

VE RI TAS。

昨年度、ハーバード公衆衛生大学院で開かれた全校集会において、 ある生徒が以下の様な発言をした。 「ハーバード公衆衛生大学院は、もっと政策形成に積極的になるべきではないか?」 それに対して、学長Bloom氏は、 勤めて冷静に、以下の様に応答した。 「本校のmis...

[続きを読む]

3つの嘘の像。

1.ジョン・ハーバードの像 ハーバードヤードと呼ばれる広場の一角に、ジョン・ハーバードの像が鎮座している。 足のつま先に注目して頂くと、ピカピカと光っていることにお気づきになられると思う。 「像のつま先に触れると幸運が訪れる」 そんな伝説があるからか、多くの観...

[続きを読む]

コンクリートの建物があるぞ。

高校時代の友達が、日本からはるばるボストンまで遊びに来てくれた。昔から一風変わった、ハイセンスな友人なので、せっかくの機会だからと、ハーバードの有名な建築を見に行った。 1963年に完成したこの建物(Carpenter Center)は、フランスの著名な建築家...

[続きを読む]

ハーバードの退学処分。

1.突然の退学処分 数年前、ハーバードに通う日本人が2人、退学処分になった。 その理由は、 Plagiarism(剽窃)=他人のアイデアを盗むこと 2人がとっていたあるクラスの試験は、Take Home Examという、持ち帰りの試験であった。 勿論、誰とも相...

[続きを読む]

学校を紹介します。

今回は、ハーバード大学について、簡単に御説明させて頂きたいと思います。 1.日本を出て、世界を見て、Diversity(多様性)に触れる ハーバード大学の名前とブランドは、世間に広く知られている一方、その全容や実態について正確な把握をすることは、難しい。 その...

[続きを読む]

小さな友情物語。

1.コソボから来たおっさん (私自身、人のことをどうこう言える顔ではないが)おっさんみたいな顔をしたガニ(コソボ出身)は、実はまだ27歳。 昨年度、共に机を並べて勉強したガニは、今年の6月一足お先に卒業。現在は脳神経外科医としてのトレーニングを積むため、ボスト...

[続きを読む]

とある一日。

今日は、学生生活のとある一日を紹介したい。 1.医療経済学の授業 朝10時半より、マーク・ロバーツ教授の医療経済学(Health Economics for Public Health)の講義。みなコーヒーや菓子パン、ヨーグルトを頂きながら、授業を受けている。...

[続きを読む]

ブログを始めるにあたり、御挨拶。

この度、ブログを書く機会を頂きました石川と申します。 まだまだ勉強中の身。小さな自分ではありますが、ハーバードでの学びや生活、個人的思索の軌跡、そしてその帰着点に至るまで、これから皆様と共有することが出来たらと思います。 卒業まで9ヶ月間と、短い間ではあります...

[続きを読む]


プロフィール

ハーバードブロガー:石川 善樹
石川善樹(いしかわ よしき)
1981年、広島生まれ。小学生の頃、野口英世の伝記に感銘を受け、「世界の健康のため、私が出来ることは何だろうか」と人生の命題に出会う。医学部健康科学科を卒業後、ヘルスケア系コンサルティング会社に勤務。同時に、友人とUnited Flowersを立ち上げる。現在は、ハーバード公衆衛生大学院(Health Policy and Management専攻)に在籍。趣味はラクロス。

ハーバードブロガー


月別アーカイブ


カテゴリー


外部ブロガー

RSS